瀧澤 潔 TAKIZAWA Kiyoshi official blog

現代美術アーティスト 日々の小さな感動を書き綴ります

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いよいよ明日から長崎「弔いの火」公演に向けて行って来ます。 

九州での初のアートフィールドワークが長崎になるとは。
舞踊家 櫻井郁也さんと 長崎県大村市松原の子供たちと、
戦争について語り合い、作品制作をしてきます。
80名の被爆者が8/9あつい光を浴びてから
約9時間後に治療のため大村市松原に
「救護列車」によって搬送された。
80名の多くの方は救護の甲斐も無くなくなられた。

その思いを形にするため、80のランプシェードを
松原小学校児童とワークショップを通し制作します。
櫻井郁也さんがこのランプシェードインスタレーションの中で踊ります。

長崎 櫻井瀧澤コラボ
スポンサーサイト
( 2015/08/05 08:35 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

黒沢美香さんとのコラボレーション公演のための現場衣装合わせ、音合わせの旅。in 津南 

スタッフ2人をお連れし、黒沢さんを
越後湯沢でピックアップ。
衣裳のフィッティングが完了し、音の選曲を行う。

黒沢さんの言葉はいつも身体にしみいる。
決断の速さと
想像力をかきたたせる言葉の力。

ご一緒で来て感無量な日である。

越後妻有アートトリエンナーレ
黒沢美香 瀧澤家 コラボレーション公演まであと23日!!


2015 7 26 コラボ 表面  2015 7 26 コラボ 裏面

( 2015/07/04 12:48 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

2015 Mika Kurosawa DANCE X Kiyoshi Takizawa ART flyer for website  

kurosawa takizawa surface 2  kurosawa takizawa back 2
( 2015/07/02 00:10 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

2015 Alessio Silvestrin DANCE X Kiyoshi Takizawa ART flyer for website 

flyer for website

flyer for website 2
( 2015/07/01 20:18 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

越後妻有2015 参加します。 

今年も夏に越後妻有アートトリエンナーレに参加する。

今年はダンスとのコラボレーションが越後で2本ある。

7/26 黒沢美香さんと。
8/26 アレッシオ・シルベストリンさんと。
( 2015/06/30 22:40 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

 

( 2015/06/30 22:29 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

長崎のプロジェクト 

ムサビの三澤さんから声をかけていただいた今回の長崎県のプロジェクトは、
今までにない緊張と興奮が体の奥のほうにある。
事務仕事やイメージドローイングなどの
制作をこなしながら朝から晩まで作業をしていると
いつも想うことがある。

8月6日と9日のあの日の出来事は遠い話のことではない。
遠い過去のようだけど
体験した人がまだいらっしゃる。
制作を通して本当の話を聞きたい。


WS000051.jpg

この写真は長崎県の大村市松原の女性兵士たち。
若い男性が徴兵されるなか女性も地域を守った。
( 2015/06/30 22:12 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

2014 作品を振り返る 

2014 作品
いちはらARTXMIX
鳥取県立博物館
美作大学
いずれも素晴らしい経験をありがとうございました。

もっと精進せねば。
( 2015/02/08 02:08 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

2014 

( 2015/02/08 02:06 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

 

2013 Nov 16 0800出発 さいたま→市原
アート制作1回目

車内には
仕上げた材料を
モビちゃん(愛車モビリオ)に
積めるだけ積んだ。
なかなかの積載量。
いざ、市原に向けて出発。

道路状況、インターに乗るまでが混んでいる。
首都高も工事のためモーレツな渋滞。
さわやかな秋晴れにもかかわらず
渋滞に巻き込まれ車内は暑い。
京葉道も穴川で渋滞。
3かい渋滞に巻き込まれればもう慣れっこ。
お気に入りのポッドキャストを聞きながら運転。

今回も高所作業が多くなりそう。

弥彦では11月最後の竹あかりイベントもあり
気になるところ。
コーディネート役として
今回の竹あかりも成功せねばならない。
弥彦のアートプロジェクトは
次回以降の年間
スケジュールも考えながらの運転。

1230
大幅に遅れ市原入り
鶴岡さんから栗おこわを差し入れ。
地元の差し入れほどうれしいご飯はない。

会場には大成さんも到着していた。

報徳の会
鶴岡さん
小出さん
征矢さん。
それから
事務局の
長澤さん。

市原では団塊の世代が
大活躍している!!

材料の搬入が終わり、
セッティングから
寸法チェックまで。
寸法はかりには
ボッシュの
レーザー測定器を使用。
メモは今はなき、ipadの
Photo Noterを使って寸法を測る。
かなり効率がいい。

1700 外は真っ暗。
小出さんが作ったという
お米をいただく。
お米を荒らすイノシシに
困っているという。
イノシシがお米を
むしゃぶりつき荒らす。

イノシシ。
なんか、アイディアになりそうな気配を
感じる。

帰りの途へ。

かえりもめっちゃこんでる。どういうこっちゃ。
またしてもポッドキャストに助けられる。

2015 帰宅。
( 2013/11/18 14:17 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

市原アートミックス 始動! 

ようやく、
先月まで恐ろしいスケジュールで動いていた
新潟県の弥彦プロジェクトが若干落ち着いた。

弥彦村ではいまだかつてない
経験をさせてくれた。
プラン構成から
チーム編成、
コミュニケーションと
広報活動。
問題も山積みだったが
私の今後の基本的なベースとなった。

そして先週末より別件の
プロジェクトが本格的に動き始めた。

いちはらアートXミックス
http://ichihara-artmix.jp/

2回目の打ち合わせでは
思ったより周りの関係者が
歓迎ムードであり、
協力的であることに
正直びっくりした。

今回のプロジェクトの舞台は千葉県の市原市。
ゴルフ場が多く町の観光資源は
湖畔美術館と養老渓谷。
この町の魅力を探しつつ
作品内容を手探る。

会場となる場所はとても魅力的。
木造の学校校舎だ。

学校は何ともいえない空気がある。
未来を担う子供たちがこの場で学び
育った場所だから
わたしにとっては
特別な場所である。

それに学校独特の建築様式が
作品のイメージを広げる。

いつも通りこの場所でしか成立しない空間を
作ることが私のライフワークである。

この地域の方との交流を通じ
地域のオリジナルを探す旅がまた始まった。

エリア

広報2

広報1
( 2013/11/12 17:42 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

松戸での作品が恒久展示になりました。 

久しぶりのブログです。
そとは雨がすごい。だんだんと春が近づいてきた。
どうじにあたしのはなもむずむずしてきた。

ことしは大地の芸術祭に参加ということもあり
花粉対策で粘膜を焼く手術をしました。

にもかかわらず、このむずむずはなに??
効果が出るには2週間くらいかかるとのことですが、
複雑な気持ち。

さて、
松戸で展示しました、インスタレーションが
恒久展示になりました。
松戸も放射能ホットスポットとなって
いてもたってもいられなく
アートラインプロジェクトに参加したという経緯です。
会場は線量が低いのですが
周りのやぶなどはまだ線量が高い。

ことしも松戸でアートラインプロジェクトに参加し
少しでも松戸が元気になるようにと
アートの力を信じたい。
会場詳細
( 2012/03/09 18:33 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(3)

松戸アートラインプロジェクト 展示 はじまりました 

地元でまさか
展示ができるとは
まして
公共施設で。

全長70mの空間に
インスタレーションさせました。

松戸アートライン

作品解説


生まれ故郷の松戸が
放射能のホットスポットで
複雑な気持ちでいます。

アートで何かできればと
ずっと考えてきました。

今回はそういった気持ちで
作品制作に挑みました。

作品は11月27日まで24時間
見ることが
できます。
ほかの作品も見たい場合は
土日の週末と祝日の23日に見ることができます。
( 2011/11/07 03:59 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

被災地への取材から 

8月21日の早朝
宮城県石巻に向かう。

目的は被災地の状況を
この目で確かめ
自分に何ができるか
探ることだ。

11:30石巻入り
途中高速で車に積んだガイガーカウンターは
車内でも0.6μsvを表示していた。

被災から5ヶ月が過ぎたが
まったく手のつけていないところがまだまだある
港町はほぼ全壊
人々はおそらく仮設住宅に非難しているか
頼れる人のもとにいるのだろう。

車で港周辺をまわると
人気のない界隈に
一軒の
カフェがあることに気づく。
おちゃっこ
パルシック
運営するボランティアカフェ。
それこそ瓦礫の中から
出てきた草のように
ぽつんとあったこのカフェは
オアシスのように見えた

カフェによっていくとこころよく
受け入れてくださり
被災の話や
今必要なこと・ものを
話す

今一番必要なもののひとつとして
なにげないコミュニケーションだという
イベントの仕事があるため忙しそうだったので
次の取材に向かう

石巻から
南下し
東松島へ
この状況でも
町を元気付けるために
祭りをしていた。

土曜日ということもあり
多くのボランティアが
駆けつけ、祭りをサポートし、
支援をしている。

印象的だったのはこどもたちが
大人と混じって手作りの
ゲームを楽しんでいるところだった
子供たちが無我夢中で
浴衣を着て
楽しんでいる姿を見て
胸が熱くなった

被災地でのにぎわう祭り

さらに南下
仙台に向かう。
途中松島市を
通る。
この町も賑わいを取り戻していた
実は最近になって
ようやく観光客が
町に戻ったという
松島は島が津波を受けたために
町の多くは被害が少なかったという

海岸沿いを走っていると
被害の大きいところと少ないところが
顕著に現れていた。

さらに南下
仙台入り
早速海岸のほうに向かう
想像以上の
被害状況
この場所の多くは瓦礫が
撤去されていたが
また建物の多くが壊れたまま
残っていた。
一階部分が徹底的に流され
柱だけになっていた。

家の中は泥だらけで昨日まで
すんでいたかのようだ。
玄関入り口に
アルバムが開いた状態で
おいてあった。

誰かが被災後に開いたと思われる。

しかしながらあたりは人気がなく
ただ壊れた建物や瓦礫がそのまま
残っているだけだった
超大型船が陸に押しやられていた。


なんとも、仙台中心部でも
まだまだ片付けられていないことに
あらためて津波の力を
思い知らされる。

さらに南下宮城をぬけて
福島へ
南相馬まで来たとたんに
カウンターの数字があがる
国道6号線で
いけるところまで
南下する
磐城太田(いわきおおた)で警備員が
手を振ってここから先はいけないという
警告を示していた。
カウンターはぐんぐん上がる。

いったん戻り
国道4号に向かう
原町のほうに戻ろうと
近道を使おうとするが
カウンターは悲鳴を上げ
1.5まであがる

またしても
この先9キロ地点で
福島第一原発の影響で
通行止めという表示がでたので
県道12号方面に向かうことに。

それから国道4号に
2時間かけて向かうのだが
飯館村で2.6μsvを観測

注意したいのはこの数値は
車内で計測した数値であること。
屋外に出たら数値は間違いなく上がる

数値が高いままくねくねの
山道をやっとの思いで抜け
国道4号へ。
それでも数値は1,3を示していた。
 
当たり前のことだが
地元の人は
変わりなくすんでいる。

子供たちはどんな生活を強いられているのだろう
子供たちを守らねば。


テレビやラジオ、ネットでは伝わらないことが
今回の取材で認識から実感へと変わった。


現場の傷跡はまだ5ヶ月たった今でも
状況はそのままのところが多く
これからも多くの支援なしでは
この地方いったいは
立ち直ることができない
( 2011/08/24 02:09 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

ガイガーカウンターを購入した 

ガイガー購入後
なるべく携帯するようにした
行く先で計ると
ホットスポットといわれる
場所は確かに数値が高い

新聞やテレビで謳っている
放射線の数値は
実感につながらない
私たちの住む場所の高さは
現実にはもっと
線量が強い数値だから

信じられるものが
少なくなってきたこの時代
頼れるのはこういった
機械だけになってしまうのだろうかと
少し寂しい気持ちになった
( 2011/08/19 12:38 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

キャンプファイヤって知ってる? 

家入一真さんが
ラジオ番組で興味深い話をしていた
アメリカで進んでいる芸術の可能性。
それは芸術に興味がある人が芸術家に出資することで成立する

キャンプファイヤ

すなわち
パトロン。

日本でもインターネットでそんな
サイトができたらと
家入さんが立ち上げた。
サイトはまだ6月に立ち上がったばかり。
これから
どんなクリエーターが
ここから
育っていくか。

自分自身も
試してみたい。
( 2011/08/10 18:49 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

しんじるもの 

不安が続く世の中になった
まわりのみなも
放射能などの汚染が
一番気にしているようだ

こんなときわれわれは
なにに安堵をもとめるのか

信じれるものが少なくなってきた時代
わたしはただひたすら
芸術の可能性だけを
信じたい。
( 2011/08/07 05:26 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

企業とアート アートが社会に出るということ 

ことしも新潟にて
大地の祭りが始まった。

作品は昨年と同じものだが
会場の作品は全くあせてはいない。

それどころか
会場と作品はますます一体化している。

さて
この会場は
先日の3・11の翌日
長野新潟境地震によって
ダメージを受けた。

昨年からお金の管理が
企画者から
作家に手放され
個人で管理することに。

以前より
協賛していただいている
前田建設さんに
申し出に行く

新潟の今回の件も
協力してくださり
なんとか今回も
作品を見せられるレベルにまで
きたが
まだまだ
直すところが多い。

しかしながらその打ち合わせのなかで
被災地での活動を前田建設さんと
共同でアートプロジェクトができないかと
考えており

いくつかの案がでた。

1 子供たちを中心に 全身で大きな画面にペイントする
  大画面ペイントプロジェクト。
  心に溜め込んだ誰にも言えない、吐き出せない気持ちを
  大画面にぶつける。

2 あすへの希望ー光 プロジェクト 
  ・・・・・・

などどんどん提案できれば
と考えている。

アーティストが企業と共同して
いくつものプロジェクトに挑む。
可能な限り
尽くしたい。
  
( 2011/08/05 17:07 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

8月28日まで大地の芸術祭を開催します。 

ずいぶんと
ブログの更新に
開きが出てしまいました。
ことしも
夏が到来。

新潟県津南町にて
津南のためのインスタレーション「つながり」
を継続展示します。

先日の
3月12日に長野新潟境地震が起きました。
その影響で
多くの既存作品が
全壊半壊し、
私の作品も要メンテナンス
という状況に
追い込まれました。

先週の土曜にメンテナンスをしましたが
お見せできる状況までどうにか
仕上げることができました。

メンテナンスのため今回も
前田建設様より
ご協力いただきました。
この場をお借りして
お礼を申し上げます。

私の作品は
金曜日~日曜日に会館いたします。
詳しくは芸術祭
ホームページまで。
http://www.echigo-tsumari.jp/2011summer/
http://www.echigo-tsumari.jp/2011summer/pdf/daichinomatsuri

( 2011/07/31 01:40 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

ヒカリに関するメモ 

皮膚としての衣服を
内と外を隔てるものとして
考えると
内に潜んでいる生命力の強さが
その光の強さに比例している


人の命をローソクの
火であらわす慣わしが
日本にはあるが

そのローソクが置かれる環境によって
その火は強くもなり、弱くもなる。

ヒカリよ
輝き続けろ
たくましく。


そんな空間をつくろう。
( 2011/01/30 22:58 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

2010年12月26日は一生忘れない日になった 西野達郎さんとの出会い 

友人の菊原君が世田谷区の弦巻にグループで
ギャラリーを借り、その忘年会に呼ばれました。
そうそうたるメンバーがそろっていて
日本の現代アートシーンを引っ張る方々がいらっしゃいました。

中でも西野達郎さんとの出会いは
感動的でした。

はじめて見たのは横浜トリエンナーレ。
パブリックなものを仮設された部屋で包み込んでしまう。
衝撃的でした。

その西野さんにパーティーで出会い
アートに対する考え方、
アートに向かう姿勢
そしてアートに関わっていて
心から幸せそうに話している姿は
まるで宝物を見つけた少年そのものでした。
とても気さくな方で
まっすぐで物事を飾らないその姿に
彼の強さを感じました。

本当に彼は私にとって
勇気付けられる存在です。

世界中を駆け回る
彼の姿とアートには
尊敬の念と
アートの力強さ、
信念を再認識させてくれます。

お会いできて本当に光栄です。

西野達さんと

また世界のどこかでお会いしましょう。
たぶんドイツか、フランスかな?
( 2010/12/29 23:42 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

中目黒あかりまつり 無事終了しました。 

中目黒あかりまつりが
無事終了しました。関係者の皆様
出展者の皆様
本当にお疲れ様でした。

今回は中目黒GTオフィスエントランスホールにて作品展示しました
オフィスというパブリックな空間で何ができるか
この会場の意味はオフィスで働く人々の憩いの場であると同時に
駅からもみえる中目黒のシンボルタワーである。
2002年の竣工されたこの中目黒GTは近隣住民のコミュニケーションの場として
その責任がかせられている。

そういった社会性をふまえ
素材選びからはじめたプロジェクトでした。
( 2010/12/27 14:39 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

はじめての発表会 

子どもが三歳にしてはじめて幼稚園の発表会を行った。
演目は「大きなかぶ」。
一人目で出てきた。おお泣きして出てきた。
でもすぐなれて、すぐになじんでかぶを引っ張る。
途中でころんではおきて、ころんでは起きる。
こどもたちが三歳にして一人前にひとまえで披露し、演技した事に
気持ちが熱くなる。

こんどは親が披露する番。
演目は「はらぺこあおむし」。
子どもたちはじっと見入って、はらはらしている。
さいごにさなぎが蝶になるところでど「あーちょうちょだー!!」
会場がどよめく。

「もういっかいみたい!」
子どもの誰かが言った。
子どもたちのそのすなおさにココロがつまり、歌っていた歌詞が
とぎれる。
親たちが頑張って作った演目に
子どもたちが反応した事がたまらなく
うれしかった。

アンコールの2回目は
子どもたちが一緒に歌い始める。
アートの仕事に携わっていて
これが本当の喜びであり
生きる根源なんだと
肌で感じる。

これこそが生きている
実感そのものなのだと
( 2010/12/23 23:22 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

文字を書くと言う感動 

こどもが昨日2という文字を
書きました

文字を自ら書くのは生まれてはじめての事。

生まれてはじめての事って大人になると

あまり経験しなくなります


でも毎日生まれてはじめてやってみたということを
続けられれば
毎日が生き生きと充実したものになるはずだと

ぼんやり思う。

三歳と2ヶ月。
ぐんぐん大人に近づく彼女の姿を
見ているだけで。
ただ感動します。
( 2010/12/16 01:52 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

あかりまつり開催中です2 

開催中のあかりまつり展示模様をちょっとだけ
公開しちゃいます。

皆様ぜひお誘いあわせの上いらしてくださいね!!


あかりまつりサンプル



( 2010/12/14 15:49 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

あかりまつり開催中です 

今回は
中目黒駅前の施設

「中目黒GT}にて展示しております

中目黒駅のホームからもご覧いただけます
会場はオフィスのエントランス。
10x20mの大型インスタレーション。

中目黒という場所を読み解き
Yシャツという日常的な素材を
使用しました。

皮膚ー壁面 社会の外と内

そのかかわりあうバイタリティーを
電球によってあらわしました。

12月25日まで 
東京、中目黒GTにて。
12時から23時まで点灯しております。
会場は20時まで入ることができます。
皆様のご来場心よりお待ちしております。

( 2010/12/14 15:06 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

愛を感じられるシーン 

浅草橋に買い出しにいく途中の話。

南浦和駅構内で迷い込んだ鳩を

やさしく手で包み込み

空いている窓まで連れて

逃がしてやった人を見かけた。

なんの抵抗もなく。


なんともその手さばきに感動したことか。

そんなひとにぼくはなりたい。
( 2010/11/27 10:19 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

シャツ・皮膚・温度 

中目黒あかりまつりのための
インスタレーションメモ

シャツのなかからひかるものは
生命力の象徴だ
そのひかりは
シャツによって光の強さが異なる。
 
シャツは手と手をつなぎ
そのひかりを共有しているようだ



・・・・・
だんだんわかってきました。
イメージが発酵してきました。

( 2010/11/25 16:58 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

クリスマスパーティーの準備 

子どもの幼稚園で
親が出し物をすると言うので
berry hungry caterpillar をやることに。
そのセットをつくりはじめた。

P1090033.jpg

P1090043.jpg


模写して描いていると
作者のエリックカールの絵が
子どもたちに人気な理由がわかってきた。

絶妙な色使いと
その大胆さ。

だって、サラミにマゼンタ使っちゃうんですよ。
( 2010/11/22 20:14 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)

目黒あかりまつり 試作 

20日間の作業で何が出来よう


イメージを形にする作業。
イメージを一人歩きさせないように
イメージを止めないように

形を作っていく。

試作出来ました。
具体的に進めていく。
( 2010/11/17 00:19 ) Category 未分類 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。